色落ちしたくない!!カラーシャンプーとカラートリートメントを使いこなす!!

キレイに染まったヘアカラーを色落ちさせたくない!特に気に入ったヘアカラーは1日でも長持ちさせたいですよね。
でも、だんだん色落ちしてしまう…
そんな時に使いたいのが「カラーシャンプー」「カラートリートメント」です。
知ってる方も知らない方も、このブログを見て参考にして頂けたらと思います。

カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーとは、シャンプー剤の中に色素(染料)が配合されていて、シャンプーのたびにその色素が髪に入り色を徐々に付けていくもので、ヘアカラーの色持ちをよくしたり、ヘアカラーをしたくない人やカラーしたいけど少しでも頭皮や髪に与える影響を減らしたい方におすすめなのがカラーシャンプーです。
そして、カラーシャンプーは使うたびに少しずつ髪に色を入れていくものが多いためヘアカラーのような即効性は期待できませんが、徐々にカラーリングするので自然に染めることが可能です。
すでにヘアカラーしている髪(ヘアカラーやブリーチで明るくなっている髪)の色持ちを良くしたり白髪への染色効果があります。髪質にもよりますが、カラー後から1週間は毎日使い続ければ通常のシャンプーで毎日シャンプーした時に比べて褪色具合が違ってきます。
ただし、黒髪に使用しても色はつきません。カラーシャンプーの種類は多いので、カラーの色持ちをよくしたいのか、白髪を徐々に染めたいのかなど、何を基準に選ぶのかもポイントです。
下記を見て頂けると分かるかと思いますが、様々な色味が発売されています。(メーカーによって異なります)
→赤系のカラーをしている人に
→アッシュ系のカラーをしている人に
ピンク→ピンク、赤系のカラーをしている人に
→金髪、黄色味を抑えたい人に
シルバー→シルバーアッシュ系のカラーをしている人に
イエロー→黄色系のカラーをしている人に
ブラウン→白髪染め、白髪ぼかしに
→白髪染め、黒染め、白髪ぼかしに
など
この中でも多く使われているものが「ムラシャン」と言われている紫シャンプーです。
これはヘアカラーやブリーチの黄色味を抑えてくれる色になります。
また地毛の白髪が黄味がかった人でも、黄味を抑えてキレイな白髪に見せてくれます。
最近ではシルバーシャンプーも人気色です。
 メーカーによって、強みが色味なのか、成分の良し悪しなのかが違ったりします。

色落ちの原因

ではそのカラーシャンプーを使う前になぜヘアカラーが色落ちしてしまうのでしょうか?
色落ちの原因は様々です。
・パーマやヘアカラーなどをしていて髪にダメージを受けている
・よく紫外線を浴びている
・高温でヘアアイロンやコテを使っている
・洗浄力の強いシャンプーを使っている
など
これらは軽減することはできても、完全に防ぐことは難しいものです。なので、カラーシャンプーを使うことで色落ちが防げるメリットは大きくなります。
こちらも合わせてご覧下さい。

メリットとデメリット

メリット

・ヘアカラーの色持ちが良くなる前述でもお伝えしましたが、カラーシャンプーの最大のメリットはシャンプーするだけでヘアカラーの色持ちを良くする事。

・白髪対策ができるカラーシャンプーの中に染色液が含まれていることで、時間をかけて少しずつ染めることができるので白髪対策におすすめです。また白髪染めを使った後の色落ち対策として使用することもできます。白髪が気になる人や、白髪染めの色落ちが気になる人におすすめのシャンプーです。

・徐々に白髪が染まっていくので周りに気付かれずに済む。
・止めたいときにやめれるカラーシャンプーは脱色効果はなく、髪に着色するのみなので、使用をやめれば次第に元の髪色に戻ります。

デメリット

・ダメージケア効果はない
・効果に個人差がある
・通常のヘアカラーが染まりにくいことがある
・薄毛のリスク、頭皮が荒れることがあるカラーシャンプーは、カラーリング効果があるアイテムの中で見ると頭皮に対して与える影響は小さくなっています。しかし、一般的なシャンプーとは違って染色液が含有されているため、頭髪の状況によっては薄毛の原因になることがあります。
使用して抜け毛が多くなるなどの症状が見られる場合は要注意です。使用して頭皮のかゆみを感じる場合も、薄毛の原因になることがあります。
また、シャンプーに含まれている成分が頭皮に合わないと頭皮が荒れることがあります。かゆみや赤みなどの症状が出るほか、フケが増えるなどの症状が見られるのも特徴です。女性は男性に比べると、加齢に伴う薄毛のリスクは小さいのが特徴ですが抜け毛やかゆみ、フケなどの症状が見受けられたら使用を止めて様子を見るようにしましょう。

カラートリートメントとは?

カラートリートメントは、カラーシャンプーと同じで使用していくうちに色素が髪の表層部に徐々に浸透・蓄積し、髪を染めていくヘアマニキュアなどと並び、半永久染毛剤とされています。使い方や染まり方の特徴が製品によって異なり、黒色の髪を明るくすることはできません。
そのため、ヘアカラーをしたことのないバージン毛や、暗い色味のヘアカラーを行っている髪にはおすすめできません。
カラーシャンプー同様、カラートリートメントは、白髪を目立たなくしたいという方や、ブリーチをして元の髪色よりも明るくなっている髪に色味を付けたいという方におすすめです。
カラーシャンプーとの違いはトリートメントですのでトリートメント効果があります。ですので、いつものトリートメントと同じ使い方で構いません。しかし水分をよく取った状態の方が色付きがいいと思います。使用方法は次をご覧下さい。

使用方法

カラーシャンプーはいつも使っているシャンプーと同じ使い方で問題ありませんが、より色持ちを良くするために次の事を意識してやってみて下さい。
1.いつものシャンプーでまず汚れをしっかり落として流す
2.カラーシャンプーで髪を泡立てる。泡立てた状態で3〜5分放置する(泡パック)
3.ぬるま湯ですすぐ
4.色が入るまで毎日使用する。好みの色になったら2、3日に1回の頻度で使用する。
ただし、カラーリングをした方はカラー後1週間は毎日使用、それ以降は週に2、3回の使用が理想
5.トリートメントも必ず使用する
カラートリートメントはいつものシャンプー後にするトリートメント方法でも構いませんが、色付きがあまり良くない場合は次の様に試してみてください。
1.タオルで水分を拭き取り色を付けたいところに満遍なくつけて5分放置(放置時間は商品表記に従って下さい)
2.放置後ぬるま湯ですすぐ

3.色が入るまで毎日使用する。好みの色になったら2、3日に1回の頻度で使用する。

ただし、カラーリングをした方はカラー後1週間は毎日使用、それ以降は週に2、3回の使用が理想
それでも入りにくい人はシャンプー後に完全に乾かして、もしくは、シャンプー前に乾いた状態でカラートリートメントを付けると色が付きやすいです。

自分に合ったものを選ぶ

カラーシャンプーカラートリートメントは明るくなった髪に色味を入れたり、白髪ぼかしなどが目的です。どちらも染色するという点では共通していますが、含有されている成分や色のつき具合などはメーカーによって異なります。
そして、自分の生活基準を見て、カラーシャンプーカラートリートメント両方使うのか、どちらかのみ使うのか、どのメーカーを選ぶのかなど自分に合ったものを選んで使うといいと思います。
また、髪や頭皮の状態にあわせて使うことも大切です。カラーシャンプーによる頭皮のトラブルリスクにも気を付けましょう。
天然色素のヘナを配合したカラーシャンプーもあります。ヘナの持つトリートメント効果でツヤとハリを与え、ジアミン(酸化染料)などを使わず、自然の力で染めていくので、毎日使えて髪や頭皮への負担が少ないものが多いようです。
ヘアマニキュアなどと同じ「半永久染毛剤」に該当するカラーシャンプーカラートリートメントは、平均週1~2回の使用が目安ですが、色落ちが激しい場合や効果が出にくい場合は前述の通りの使用方法にすると良いと思います。使用頻度や使用方法は商品表記の指示に従い正しい方法で使用して、新たなカラーの可能性を広げてみましょう♪

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com