会社で指定された7レベルってなに?

美容室でのオーダーあるあるです!!

皆さんも聞いたことありますよね?

似た言葉で「トーン」もあります。厳密に言えば

レベル ⇒ 明度(明るさ)

トーン ⇒ 彩度(鮮やかさ)となります。

今回のテーマとしては「レベル」を使いますが、メーカーによっては「トーン」を使っていたり、しっかり使い分けていない美容師も沢山いるので、気にしないで下さい(笑)

レベルを知る為のものさし

カラーチャートと言います

レベル別説明

4~6:カラーチャートを見てもらえば分かると思いますが、日本人の地毛はこのレベルが多いです。染めていないレベルなので真面目に見えます。

6~7:少しだけ明るくしたいならこのレベル!髪質によっては赤味が出やすいですが、周りの何人かは染めた事に気づいてくれる明るさだと思います。

8~10:あまり暗いと色味の違いが分かりづらいのですが、この位のレベルから違いを楽しめます!ロングだと明るすぎる印象になりがちですが、ショートや肩上にオススメです。

11~12:かなり明るめです。髪質によってはブリーチ剤を使わないと出ないレベルです。ベージュやアッシュ「外国人風カラー」をしたい方はこのレベルです!!

13~:金髪から白に近いペールイエローです。ほとんどの方がブリーチ必須レベルなので、髪にかなりの負担が掛かります...。最近ではハイライトやインナーカラーで取り入れる方が多いですね。

光や色によって見え方は違います

時間帯にもよりますが、自然光(外)で見えるレベルは室内にくらべて明るく見えます!!

色相環というものがあります。

このオレンジから緑が明るく見えて、下の赤から青が暗く見えませんか?同じレベルでも色味によって見え方は変わるんです!!

元々の髪質

同じように見える黒髪でも、含まれている色味は人それぞれです「7レベルのアッシュ」で染めても1回で希望通りになる髪質の人もいれば、オレンジっぽくなってしまう人もいます...。カラーの手順を増やすなどすれば希望の色にする事は可能です。なので、美容室でカラーをオーダーする時は「7レベルのアッシュ」と言うのも全然オッケーですが、写真等を用意すると、より意思疎通がうまくいくと思います。

レベル別企業

色や環境によってあやふやなものさしですが、おおまかに分けてみます。

6レベル

カラーしてるのかわからないくらいなので、金融関係や航空会社など「安心・安全・信頼」などのイメージ重視な企業が多いようです。

7レベル

ナチュラルな明るさなので、どの年代からも好感を持たれます。ホテル業界、病院など人と接する仕事の企業が多いようです。

8レベル

品の良い明るめなので、デパート系の接客や大手通信社などが多いようです。

参考にしてみて下さい!!

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

TEL:0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com