ノンシリコンシャンプー使ってますけど、何か?

ノンシリコン、流行ってますよね!!みなさんもシャンプー選びで目にした事ありますよね?そもそも、シリコンって悪者なんでしょうか?

シリコンとは?

洗いあがりのきしみ感を無くし、指どおりを良くします。キューティクル表面をコーティングするので、髪にツヤが出ます。化粧品にも良く使われている安全性の高い成分です。

シリコンは毛穴につまる?

だから、ノンシリコンが良いと思っている方が多いと思います。でも、これは間違いなようです!!
大手メーカーも実験をして立証されています。他にもパーマがかかりにくくなるとの噂もありますが、これもほとんど心配ありません。

シリコン、悪くないじゃん!!

シリコンの良さは分かって頂けたと思います。ところが、この良さを利用して安いシャンプーを作ろうとすると、問題が生じます。
シリコンより断然重要な成分で“界面活性剤”があります。安くて皮フや髪に刺激の強い“界面活性剤”はシリコンの良さに頼らないとキシキシするわ、傷むわで、誰も買いたがらないシャンプーになってしまいます(苦笑)

界面活性剤とは?

シャンプーボトルの成分表示でだいたい水の次くらいに表記されている成分です。(多く入っている順に表記されています)
頭皮や髪についた油や汚れを洗浄してくれる成分です。

界面活性剤の種類

たくさんありますが、代表的な3つを…。

  • 高級アルコール系・・・ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなど高い洗浄力と高い泡立ちが特徴です。この成分とシリコンでバランスをとる事が多くて、市販のシャンプーはこの成分が多いです。
  • アミノ酸系・・・ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルグルタミン酸Naなど洗浄力が優しいので肌や髪にも優しいです。保湿成分で肌や髪の質感が向上します。
    反面、良く流さないと肌に成分が残り、トラブルになる事もあります。洗浄力を必要とする方には不向きなのも特徴です。
    市販だと、ボ○ニストやミ○ンがこれに当たります。ノンシリコンをうたっているシャンプーが多いですね。
  • 両性イオン系(両性ベタイン)・・・コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタインなどアミノ酸より保湿力が高く、髪や肌がうるおいます。洗浄力も刺激も弱いので、界面活性剤がこれ単独だと弱すぎてしまいますが、他の洗浄成分と組み合わせる事でバランスが良くなる優良な成分です。
    美容室専売品に入っていることが多く、ARUGOだと“Naruシャンプー”や“ナシードシャンプー”になります。
    おススメなシャンプーについてはこちら 超オススメシャンプー「Naruシャンプー」

    じゃあ、結局ノンシリコンは?

良い面も悪い面もあります!!
結局は万人に会う万能シャンプーは存在しません!!例えば、安全性100%の天然成分でも肌に合わない人はかゆくなります。
反面、安くて刺激が強い界面活性剤が主成分だとしても、大手メーカーが絶妙のバランスで配合しているので、油分が多い方や、スタイリング剤のコーティング成分が沢山ついている方などには使った方が良い場合もあります(それでも使い続けるのはおススメできませんが…)

人それぞれ髪や肌の状態で最適なシャンプーは違いますし、年齢や状態に合わせて変えていくべきだと思います。たくさん売られているシャンプーの中で自分に合ったものを探すのは大変です。私たち美容師もその都度調べるくらい成分や配合バランスは難しいです。
なので、皆さんはシリコン入ってるからダメ!!とか、主成分がラウリル硫酸Naだからダメ!で判断しないで、私たち美容師に相談して下さい!!
それでも試行錯誤になってしまうこともあると思いますが、最適なシャンプー選びは奥が深いんです…。

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com