オーガニック

ナチュラル志向の高まりによって注目されている言葉ですよね!化粧品やシャンプーを選ぶ際にも良さそうに感じる“オーガニック”について考えたいと思います。

オーガニックとは

有機農産物のことです。

化学農薬や化学肥料を使用しないで作った農産物のことだそうです。そんな植物を使ってシャンプーを作ると“オーガニックシャンプー”が出来るわけです。化学成分に頼らず、植物の力でケアするので、地肌や髪に優しいと言われています。

オーガニックの基準

農作物や加工食品は日本ではJAS有機規格という基準があり、認定をクリアしなければ、“有機”と表示できません。しかし「オーガニック」と商品をアピールする事は自由で、有機栽培さえしていれば販売する企業や生産者の基準で、いくらでもオーガニックというフレーズを使えるのです。

オーガニック認証機関

海外にはコスメやシャンプーに対して厳しい基準でチェックし、認定する機関がたくさんあります。フランスの「エコサート」EUの「NATRUE」ドイツの「BDIH」など、実績と信頼と知名度から世界基準になりつつあります。日本では「JOCA」という協会もありますが、国としての基準ではなく、認証マークを発行しているわけでもないので、あまり目にする機会は少ないと思います。なので、日本のメーカーも海外の機関にわざわざ通して商品を作って販売しているものもあります。

日本のオーガニックシャンプー

基準が無いので、日本のコスメやシャンプーには「オーガニック」というフレーズがバンバン使われています。どんなに少量でも植物由来の成分が1種類でも入っていれば、大々的に宣伝できるのです!!なんだか「オーガニック」の響きと現状にはギャップがあるような気がします。

オーガニックシャンプーをオススメしたい人

・添加物にアレルギーのある方

・低刺激シャンプーを探している方

・自然志向の方

 

世の中避ける方が難しい程オーガニック押しや少量でも配合されている商品ばかりです。安全で信頼できる商品を判断する基準は…自分で調べるしかありません!!

 

成分表を調べる

薬用シャンプー以外は商品やサイトに全成分表示されています。白髪はいつ生える?なぜ生える?でも説明していますが、成分表は含まれている成分量の多い順に表示されています。大々的にオーガニックアピールをしているのに最後のほうにオーガニック成分が表示されていれば、ほとんど入っていない信頼できない商品と言えます。

オーガニック成分

・ホホバオイル

・オレンジ油

・グレープシードオイル

・マカダミアナッツオイル など

洗浄成分

アミノ酸系がオススメです。

・ラウロイルアスパラギン酸Na

・ラウロイルグルタミン酸Na

・ラウロイルサルコシンTEA

・ラウロイルプロビルスベタイン

・ラウロイルメチルアラニンNa

・コカミドプロビルベタイン

・ココアンホ

・ココイルグルタミン酸TEA

・ココイルメチルアラニンTEA など

○な添加物と✖️な添加物

○…ジステアリン酸PEG-150

✖️…エデト酸塩(EDTA)、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ジエタノールアミン

オススメシャンプー

やっぱり自分で調べるのは面倒!!な方はARUGOオススメシャンプー ナプラ「ナシード」シリーズとNaruシャンプーです。

店頭でも販売していますので、お気軽にお越しください。

今後もみなさんには良い商品を見分ける判断材料をお伝えできるようにがんばります!!

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com