白髪染めのやめ時って??

白髪が気になってからずっと染めてきたけど、自然な白髪に戻そうかしら?街で見かける真っ白な白髪ヘアーもステキ!!などと思ってる方も少なくないのではないでしょうか。

白髪染めのやめ時、自然な白髪染めへの移行のやり方などお伝えしたいと思います。

白髪染めをやめるタイミング

まず、白髪が出てから今まで白髪染めをしてきた人で、白髪染めをやめたいと思う理由は

・定期的に染めることが面倒になった

・お金がかかる

・白髪染め(薬剤)が頭皮など肌に合わなくなってきた(もしくは心配になってきた)

・自然な白髪に移行したい

・真っ白な白髪ヘアーに憧れる

など、理由は様々ですが、このように感じた時が白髪染めをやめるタイミングかもしれません。

白髪はおしゃれ染で染まる?

白髪と黒髪が混ざってる髪をおしゃれ染めで染めても黒髮は茶色くなりますが、白髪は薄〜くしか色が付きません!白髪以外の黒髪を明るくすることで、白髪をぼかすことはできますが、同じヘアカラーで白髪に色を入れようとしても染まりません。。。

なぜなら、白髪染めとおしゃれ染めどちらも髪の毛を染めるものですが、色素が入っていない白髪を染めるのと、色素が入っている黒髪を染めるのでは、髪を染めるメカニズムが違うからです。

・白髪染め・・・元の黒髪と染める色のトーンを合わせるために白髪が黒っぽく

(暗く)染まる様に染毛力を強くしています。

・おしゃれ染め・・・元の黒髪をできる限り脱色して、そこに新しいカラーを入れて発色させるため、脱色力が強いのです。

まとめると、白髪染めは染毛力が強く、おしゃれ染めは脱色力が強いのです。つまり、白髪をブリーチで脱色させようにも髪内部に色素がないため脱色できませんし、おしゃれ染めも染毛力が弱いため、白髪には色が入りにくいのです。一時的に色が入ったとしても、定着力が弱いため、色落ちは早いです。

自然に白髪へ移行していく方法

自然に白髪へしていくためには、どうしたらいいのでしょう。

まず、今まで白髪染めしてきた部分の髪は髪の内部にまで、色素が浸透しているので、その色が染めたての時より多少落ちる(明るくなる)ことはあっても、白髪に戻る事はありません。

髪全体を白髪にするためには、今まで染めていた部分を切り落とすか、または染めていた部分だけをブリーチや明るくヘアカラーで脱色し色を薄くする方法も1つの手です。

そうすることで、染料が少しづつ落ちていき、自然に髪全体が白髪へ移行できます。また、ヘアマニキュアのペールカラー(薄い色)で染めるのもおすすめです。マニキュアも髪の表面にしか色が着かないので、白髪へ移行しやすいです。(ただし、濃く、暗い色だと色が残りやすいので、注意して下さい)

あと、ヘアスタイルを変えるのもいいですね!

そして、急いで白髪染めをやめなくていい場合は、カラーシャンプーを使用することをおすすめします。

毛先の白髪染めしていた所がなくなってきたら、カラーシャンプーの使用をやめれば、カラーシャンプーの色も落ちていきますので、白髪へ移行するつなぎとして良いと思います。

 

いかがでしたか?

今の髪の状態や白髪の量によっても方法は様々ですが、自分に合った方法で白髪染めをやめて自然に白髪へ移行して、ステキなグレーヘアーを目指してみて下さい!

ARUGOではいつでもご相談受け付けております!!

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com