若くて可愛くてオシャレは不利

若くて可愛くてオシャレは不利

こんにちは!

湘南、茅ヶ崎でARUGOという美容室を経営して6年目。

湘南が産んだ奇跡のビッグウェーブこと「世界の小倉」です。

サーフィンは致しません。むしろ山が好き。

初めましての自己紹介→ https://arugohair.com/arugoblog/staff/2020/01/04/post-29/

普通は逆ですよね。

若くて可愛くてオシャレ。めっちゃ良いじゃないですか。

マイナスゼロ。人生バラ色。リア充。モテまくってイケメンと付き合えちゃう。

そんなイメージ無いですか?笑

そのイメージのせいでたまに不利になるかも?って話です。

キャバクラの場合

僕がキャバクラを語るとまるでキャバクラが好きで、さも通いまくってた人かのように語ってしまう恐れがあるので、最初にお伝えします。

特に妻には聞いて欲しい。

「大人の付き合いで行ってるだけだよ。」

仲良しの友達で◯リヤタキの◯ッキーって人がいるんですが、妻に言い訳する時は彼が行きたがるから。と伝えます。

◯ッキーこの場を借りてごめん。

そんな話はさて置き、キャバクラでは若くて可愛い(綺麗)な子って人気出ますよね。

あとは気が利いて優しいとか。

そんな子がめちゃくちゃ話聞いてくれて、なんなら褒めてくれる。

グラスが空いたらちょっと濃いめの酒を作ってくれる。

飲んじゃいますよねー。

という所に価値があってお金を払う。

何が言いたいかってキャバクラは「若くて可愛い」が有利になる。

でもそれは前提があって

たとえ嫌でも「優しくしてくれる」から。

あれ、俺に気があんのかな?って思わせてくれる位優しいですからね。笑

それがウリなのがキャバクラ。

知らない子の場合

たとえば電車の中。

同世代の男の人と若くて可愛い人。

どちらも隣の席が空いていたとしたらどちらに座りますか?

僕は同世代の男の人の隣に座ります。

痴漢リスクなどは置いとくとして。なんとなく分かりますか?

自分臭くないかな?とか

微妙に距離あけられたら?とか

嫌な目で見られたら?とか

思っちゃうんですよね。

そんな事考えたことない!て人の中にもなんとなく無意識に避ける人多いと思うんですよ。

これ「キレイ過ぎると逆にナンパされない」理論です。

この理論聞いたことないですか?笑

美容室の場合

美容室のウリは素敵な髪型を提供すること。

他にも接客や空間含め居心地の良さだったり、サービス内容や金額だったりする。

先述のキャバクラとは違い優しいとかチヤホヤするのがウリではない。

「髪型を素敵にする」お店です。

まぁ基本的にはみんな優しいんですけど。サービス業なんで。

そんなこと分かってる。けど緊張しませんか?美容室って。

若くて可愛くてオシャレなキラッキラした美容師に話しかけられたり近距離で髪触られるの。

茅ヶ崎のカリスマ美容師な僕でも経験あります。

「男性美容師で」

って電話したのにフロントの女の子がキラキラで名前聞かれて「お、小倉です」と噛む。

シャンプーしてくれるアシスタントがキラキラで足元つまづく。赤面。

大事なのは「想像力」

特に男性は緊張すると思いますが、大人女性でも年齢に差がある若いスタッフに抵抗を感じるかたも少なくないのです。

大事なのはそう思われているかもしれないと「想像すること」

想像できればそう思ってるお客さんの心を和らげることが出来るかもしれない。

マスクで隠れた表情や声のトーンや言葉のチョイス。

サービス業のみなさん。

お客様に自分がどう思われているか、想像出来ていますか?

サービス業を極めるの大変です。

成長していきたいですね。

本日は以上です。ありがとうございました。

workカテゴリの最新記事