医療用ウィッグ購入を考えている方へ

医療用ウィッグは、抗がん剤の治療や脱毛症などで髪が薄くなってしまった方向けに作られたウィッグです。
ファッションウィッグよりも少し高価ですが、付け心地が良く、見た目は自然で違和感がないよう細部にまでこだわって作られています。
高性能なので、ファッションでウィッグを使う方でも敢えて医療用ウィッグを選ぶ方もいます。
医療用ウィッグの特徴として、上記の他には
・通気性が良い
・頭皮に優しい素材を使っている
・分け目やつむじが自然
・サイズ調整しやすい工夫が施されている
・JIS規格が設定されている
などといったことが挙げられます。
購入する前にチェックしておきたいポイントを確認していきましょう。
まず必要なのは、ウィッグだけでなく治療時のデリケートなお肌を守るインナーキャップです。

値段が高いからって良いとは限らない

価格は気になるポイントの一つです。あまりにも安いと、その品質に不安を感じる方もいるでしょう。ただ、ウィッグに関しては「安い=質が良くない」とは必ずしも言いきれません。
価格の違いは、「製造方法」「品質」「購入前に受けられるサービス」「アフターケアの有無」にあります。
インナーキャップに関しては大抵ウィッグとセット売りしていると思いますが、種類があるのであれば基本的には高価な方が高品質でしょう。

ウィッグの価格

ウィッグの価格は1万円台~80万円台までとかなりの幅があります。

・製造方法:髪が「ミシンで縫われている」「ひとつずつ手で植え込まれている」という違いです。この違いで見え方と耐久性が変わります。

・品質:品質と、髪質の違いで価格は大きく変わります。髪質には、人毛、人工毛(ファイバー)、人毛と人工毛の混合があります。

・既製品出来上がっているウィッグから選ぶ。毛量や長さの調整は不可(前髪のみカットできるところもあり)。サイズは自分でアジャスターを使って調整するものがほとんどです。価格は1~10万円台。

セミオーダー:スタイルや素材など、何パターンか決まっている中で選びつつ、ご自身の希望に合わせられる部分もあり、細かくサイズ調整ができます。3~30万円台。

フルオーダー:毛質、毛量、スタイル、カラー、パーマなど、自由にオーダーできます。30~80万円台。

人によって脱毛の量や進行が違うので、治療中は髪の量が大きく変化します。それに合わせてウィッグのサイズ調整も必要になります。店頭にて知識のあるスタッフと相談しながら自身に合ったウィッグを作ることができるのがセミオーダー、フルオーダーのメリットです。

また、耐久性に関しては、毛の縫い方、髪質、ネットの素材などによって変わってきます。

人毛と人工毛(ファイバー)…おすすめはどれ?

人毛100%、人工毛100%、人毛+人工毛の混合の3種類のうち、それぞれにメリット、デメリットがあるので、使い心地や見た目などを考慮して選ぶと良いでしょう。

見た目と手触りが自然な人毛

人毛のみで作られている医療用ウィッグの一番のメリットは、偽物っぽいテカリがなく見た目が自然に見えるところです。手触りも良く、自分の髪のような感覚でブローをしたり、ヘアアイロンやコテを使ってセットする事も出来るので、スタイルの調整がしやすいです。
反対にデメリットは、人工毛と比べると値段が高めな物が多いです。また自分の髪と同様に、洗髪後は丁寧なブラッシングやブローが必要で、お手入れに多少手間がかかります。

お手入れが簡単でリーズナブルな人工毛

ファイバーなどが使用された人工毛は、人毛のみに比べて価格がリーズナブルで、何種類かを持ちたいという方や、気軽に試してみたいという方におすすめです。
形状記憶タイプもあり、人毛よりもお手入れが簡単というメリットがあります。
耐熱のものなら、ヘアアイロンなどを使用したアレンジも楽しめます。

ただ、どうしてもファイバー特有のテカリが出やすいため、人毛と比べると、見た目のナチュラルさは劣ります。
とはいえ扱いやすいタイプなので、ウィッグを初めて使おうと考えている方にとっては、人工毛からスタートするのも良いかもしれません。

高品質な物であれば人工毛でも見た目も質感もかなりナチュラルです。

人毛と人工毛の混合

このタイプは人毛と人工毛のイイトコ取りをしたような物で、見た目が自然なのにお手入れしやすいというメリットがあります。
「ナチュラルに見える方が良いけど、100%人毛はちゃんと扱えるか心配…」という方におすすめです。価格も、人毛のみより抑えられています。

男性用ウィッグは少ない!?

男性用の医療用ウィッグは女性用に比べて、バリエーションが少ないようです。
顔が小さめの男性であれば、女性用のショートヘアウィッグを活用するという手もあります。
ウィッグを選ぶ際、まずは生え際ラインをチェック!
男性用は基本的に髪が短いので、襟足やもみあげなど地肌との境目が目立ちます。
その為、生え際部分がフェイスラインに合っていなかったり、浮いていると不自然な印象になりがちです。なるべくナチュラルに見えるよう、もみあげ部分が長くなっていたり、襟足部分の浮きが抑えられていたりと、工夫が施されている商品を選ぶようにしましょう。

せっかくならチャレンジもあり!!

せっかくウィッグを使うなら、今までやったことないようなスタイルや気になっていたスタイル、カラーなど、色々楽しんでみてはいかがでしょうか。
ストレートやパーマ、ショートやロング、明るめのブラウンなど、簡単に様々なヘアスタイルにできるのがウィッグの魅力でもあります。

購入の際、試着できるのであれば色々なタイプのものを試してみて、自分に似合うウィッグを見つけてみて下さい♪

ARUGOにもウィッグのお取り扱いあります

ARUGOでは、レオンカというメーカーの医療用ウィッグと、ファッションウィッグのお取り扱いがあります。
レオンカの医療用ウィッグには、ウィッグ本体とインナーキャップに「Tio Tio」という抗菌・消臭・防汚に優れた加工が施されているのが特徴です。
治療中のデリケートなお肌に優しく、安心で快適にお使い頂けると思います。
※詳しくはレオンカのホームページをご覧下さい。

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com