ホームカラーとサロンカラーの違い

なんとなく髪の毛には悪いと分かっていても、美容室に行く時間が無かったり、面倒だったり、安く仕上がるからという理由で、ついつい簡単手軽なホームカラーをやった事、皆さんも経験あるかと思います。

そこで、美容室で染めるサロンカラーと、自分で染めるホームカラー、どれくらい違いがあるのかお伝えしたいと思います。

ホームカラーのメリットとは

①安い

②早い

③美容室に行く時間が省ける

④自宅で好きな時にできる

⑤家事をしながらできる

…など。

好きな時に安くお手軽にできちゃうホームカラー。忙しい方にはもってこいのものですね。

サロンカラーのメリットとは

①キレイに仕上がる

②髪が傷みにくい

③似合う色を提案してくれる

④思い通りのカラーになる

⑤色持ちが良い

⑥おしゃれなカラーができる

⑦トレンド(流行)のカラーができる

⑧デザインカラーの幅が広がり、自分ではできないカラーができる

…など

 

美容室のプロならではのヘアカラーができ、思い通りのヘアカラーができますね。

そこで、ホームカラーとサロンカラーの違いを比べると、明らかに大きな違いがあります!

 

使用する薬剤の強さの違い

ホームカラー ⇒ 薬剤の強さは一種類のみ!(誰でも染められるよう、強いものが多い)

サロンカラー ⇒ カラー、ブリーチなど薬剤の強さが強いものから弱いものと種類が多い

これを見るとホームカラーのものは強さが一種類なので、明るくしなくてもいい所にも同じ強い薬剤を使用するため、必要以上に髪にダメージを与えます。

 

色の種類の違い

ホームカラー ⇒ 色の種類が少なく、仕上がりの髪色の調整、判断が難しい…

サロンカラー ⇒ 色の種類が多く、希望に合わせて色を調合し、好きな色を作ることができる!

美容室で染めると、好みのカラーに近づきます。

 

最も大きな違いとは!?

染め方

ホームカラー ⇒ 髪の根元も、毛先も同じ強い薬剤で染める為、必要以上にダメージを与えます。

サロンカラー ⇒ 髪の根元と中間、毛先で薬剤を使い分け、できる限りダメージを最低限にする事ができます。

カラー後のケア

ホームカラー ⇒ カラー後のご自身でやるシャンプー、トリートメントでは薬剤が残りやすい

サロンカラー ⇒ カラー後「乳化」という作業(テクニック)を行い、頭皮に残りやすい薬剤をキレイに落とすことができる

ヘアカラーは毎日のシャンプーや紫外線などによって徐々に色落ちしていきます。

その事を「褪色(たいしょく)」といいます。

個人差によって、色落ちしにくいカラーもありますが、髪の内部に浸透した染料が髪の内部にとどまらず、外に流れ出てしまうために起こる事が原因です。

 

そして、シャンプーの差は歴然!!

美容室でカラー用シャンプーと聞いたことあるかと思いますが、やはり市販のシャンプーは洗浄力が強く、ヘアカラーしたダメージ毛にいくらコンディショナーやトリートメントをしても、補いきれません。

美容室のヘアカラー用シャンプーはヘアカラーした髪の為のシャンプーですので、洗浄力も優しく、カラーの落ちも防ぎながら洗い上げてくれます。

ホームカラーとサロンカラーの違い

ここまで、たくさんホームカラーとサロンカラーの違いをお伝えしてきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

決して「ホームカラーがすごく悪いもの!!」「してはダメ!!」と言っているワケではありません。ホームカラー、サロンカラーそれぞれの良い所があります。

時間がなく、タイミング悪く予約が取れない…など、そんな時にどうしてもホームカラーをする場合の注意点とアドバイスがあります!!

次回は「ホームカラーをする時の注意」を書いていきますので、

そちらも参考にして頂けたらと思います!

 


このブログは湘南・茅ヶ崎にある美容院『ARUGO』が提供しています。

お問合せ等ありましたら、下記ご連絡先へお願い致します。

TEL:0467-40-4048

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日・第三水曜日

http://arugohair.com